任意整理とローン|任意整理後にローンを組む方法ってある?

任意整理とローン|任意整理後にローンを組む方法ってある?

任意整理とローン|任意整理後にローンを組む方法ってある?

任意整理のデメリットは信用情報機関に事故情報が載り、新たな借り入れが今後5年ほど出来なくなること、メリットはその言葉の通り、任意に債務の整理対象を絞ることも可能な点です。
例えば、債務の中に自動車や教育ローンなどの返済もある場合は、これを整理対象から外すことができます。
減額の対象とならず、今まで通り、返済することになりますが、自動車などを手放すことなく残すことができます。
また、保証人がついているローンについても任意整理から外すことができます。
カードローンの返済についてのみ整理することも可能で、柔軟に絞ることができるのも任意整理のメリットです。
しかし、今後のローンの利用については制限が掛かることになります。
任意整理から外したローンはそのままでも、新たにローンを組むとなると、信用情報機関にブラックリストとして載ることになりますので、契約はもちろん、審査に通らないことになります。
ローンは信用情報機関の中でもCICに登録されているもので、ここには金融会社のキャッシング利用や分割払いのクレジット契約も含まれています。
銀行で組んだものは別の信用情報機関となりますが、ブラックリストとしての事故情報は貸金業者が主に登録しているJICCと合わせて共有されていますので、いずれにせよ難しいと言えます。
事故情報の登録期間を過ぎると新たに組むことは可能ですが、契約できる会社は限定的となることもあり、任意整理の対象とした信販会社については特に注意を払う必要があります。