任意整理すると具体的にどんなデメリットがある?※お答えします!

任意整理すると具体的にどんなデメリットがある?※お答えします!

任意整理すると具体的にどんなデメリットがある?※お答えします!

債務整理の方法として任意整理というものがあるわけですが、法的な手続きを行って借金の解決をしたときには、ある一定のデメリットも発生します。
任意整理などを行うことによって、信用情報機関に事故情報として掲載されることになりますので、一定の期間においてはブラックリストに登録されます。
任意整理や特定調停などの手続きを行ったときには、およそ5年間にわたってブラックリストとして登録されることになりますので、この期間のうちは新規にクレジットカードを作成したり、住宅ローンなどを借り入れことはできません。
また、一定の期間が経過した後においても、任意整理などの手続きを行ったときに関わりのあった金融機関については、その後も借り入れができなくなるデメリットがあると考えておくべきでしょう。
任意整理のデメリットとしては、自己破産や個人再生の手続きのように借金額の全てや一部が免除される手続きというわけではありませんので、貸金業者との話し合いが終わった後においても借金の返済をしていくことになります。
あくまで、任意整理というものは払い過ぎている利息分について貸金業者と交渉を行うことで、払い過ぎた利息分を借金額と相殺することによって、返済する借金額を減額するための手続きとなります。
貸金業者と交渉を行う手続きとなりますので、和解が成立しないケースもあります。
和解によって返済可能な条件を整えることができなかったときには、別の債務整理の方法によって解決できるように方法を検討する必要があります。