任意整理にかかる費用を安くする方法とは?~おトクに任意整理~

任意整理にかかる費用を安くする方法とは?~おトクに任意整理~

任意整理にかかる費用を安くする方法とは?~おトクに任意整理~

借金の返済が困難になった場合に行われるのが債務整理ですが、債務整理にもいくつかの種類があり、そのひとつが任意整理になります。任意整理は弁護士または司法書士に依頼して行うもので、裁判所に申し立てて行う個人再生や自己破産などと異なり債権者を個別に選んで行うことができるメリットがあります。また裁判所を通さないので、法的なペナルティもありません。
しかし、任意整理は債権者が同意しなければ行えませんし、基本的に削減できる債務は将来発生する金利のみで債務を削減するという面ではやや劣ります。
任意整理では弁護士または司法書士に依頼するため費用が発生します。費用の種類としては着手金、基本料金、減額報酬金があり、弁護士の場合には着手金は1社あたり平均2万円ほど必要です。また基本料金も同様に1社あたり平均4万円ほどです。そのため、1社に対して債務整理を行う場合には、最低でも平均6万円の費用が必要になります。また減額報酬では減額された債務の1割程度の金額を支払う必要があります。
一方で、司法書士では取り扱える債務額が140万円以下と制限されますが、費用は弁護士よりも安いメリットがあります。着手金は弁護士と同じく平均2万円ほどですが、基本料金は弁護士に依頼するよりも1万円ほど安くなります。また減額報酬を取らないところが多くあります。そのため、司法書士に依頼した場合には最低でも平均3万円ほどで行えます。
なお、任意整理では同時に金利の再計算が行われ、場合によっては過払い金返還請求が行われます。このさいには取り戻した過払い金の2割程度が成功報酬として請求されます。